Amazonギフト券の買取依頼は危険?安全な方法の紹介

Amazonギフト券の買取は現金をすぐに手にする方法としてとても便利なものです。

そのため利用する人も少なくないため非常に多くのAmazonギフト券の買取業者がいます。

しかし多くの業者がいるということはその分Amazonギフト券の買取という名目で脅迫を行ったり、情報を悪用すると言った悪徳業者も存在します。

今回、そういった危険な業者の見分け方や安全に買取を行ってもらう方法などを紹介し、安全な方法でAmazonギフト券を買い取って貰うためにはどのようにすればいいのかを解説していきます。

これを読めばAmazonギフト券をより安全に買い取って貰えるようになります。

Amazonギフト券の買取依頼は危険?

Amazonギフト券の買取依頼は見方を変えれば危険です。

それはクレジットカード会社に目をつけられる可能性がある点と買取業者自身が危険であるという点です。

クレジットカード会社に目をつけられるというのは、クレジットカードで金券を頻繁に買っていると現金化と呼ばれる行為とみなされる可能性があるという点です。

これはクレジットカード会社の決まりで買い物をする目的の枠(ショッピング枠)はあくまで買い物のための枠で、お金を借りたければキャッシング枠を使ってくださいというものです。

しかし、新幹線の回数券などを何回も買って金券ショップでそれをお金にするという行為は間接的にショッピング枠を使って借金をしていると見なされルール違反ということでカードの使用を止められてしまうことがあります。

Amazonギフト券も金券の一種なので少額のギフト券を毎月買っているのは不審に思われる可能性があります。

きちんとした業者であればそういったトラブルが起きないように対応してくれますが、そうでない業者はトラブルを放置していたり、その話題を出して脅迫してくる場合もあります。

新幹線の回数券などでそういった事件はありましたが、Amazonギフト券ではそういったトラブルはほとんどないので、現状としてそこまで神経質になる必要はなさそうです。

業者自身が危険というのは問題です。

なぜなら個人情報を第3者に流してしまうことも平気で行うからです。

本の買取でも経験されたことがあるかもしれませんが免許証などの身分証明を行います。

同じようにAmazonギフト券でも買取をしてもらう場合はネット上でそのようなやり取りを行います。

きちんと管理してくれればいいのですが悪質な業者だと流出させてしまいます。

またギフト券を受け取っても入金しないという業者もまれにいます。

そういった意味で危険な業者がいるということです。

こんなAmazonギフト券買取業者は危険

Amazonギフト券の買取業者の危険さは知ってもらえたと思いますが、非常に少ないのが現実です。

それでもそういった業者に当たらないためのポイントをお話しします。

それは事務所の所在があいまいであること、電話の連絡先がフリーダイヤルやきちんとした固定電話ではなく携帯であること、実績がほとんどないこと、換金率が100%近い率を提示していることなどが挙げられます。

特に換金率についてですが、数万円程度の額であれば75%前後が相場です。

もし買取金額が70%を切るような業者であればそれはそれで悪質なので避けた方が良いです。

このようにしてチェックを入れていくのが大切です。

Amazonギフト券を安全に買い取って貰うには?

逆に安心できる業者についてお話しします。

それはきちんとした事務所の住所をサイトで表示していること、何年も経営していて実績があること、固定電話がきちんと用意されていること、極端な換金率を提示していないことです。

特に実績が長い業者ほど訴えられたり、問題があって逮捕されたと言ったことがないわけですから安全な業者である可能性が高いです。

まとめ

Amazonギフト券の買取は基本的に安全です。

しかし、業者を間違えると個人情報が売られたり、詐欺にあったり、あるいは脅迫されたりします。

このような業者に当たらないためには実績がきちんとしていて固定電話や事務所の住所まで表示されている所を選ぶなど慎重に行うことをお勧めします。